築30年の大切な家を、大々リフォームするにあたり、長年北側の寒いキッチン苦労された奥様に温かく明るい南側のキッチンで快適に過ごしてもらいたいという、温かいご主人の思いを現実にした家です。 30年以上も経っているので、お客様が家の骨組みや基礎にご心配な点もありましたが、プロの目で確認し、適切な補強や取替など行い、耐震性もぐっと上がりました。

田建築工房で「間取り変更リフォームや全面リノベーション」

・北側にあった寒いキッチンを、奥様の為に南側に思い切って移す間取り変更リフォーム!
・家族全員が陽だまりのような明るいリビングで奥様とコミュニケーションできる対面キッチン型の全面リノベーション!
鹿児島県内にお住まいで「今の間取りが嫌いだから思いっきり間取りを変更したい方、全面リノベーションをご検討の方は、鹿児島市の住まいのスペシャリスト集団「田建築工房」におまかせ下さい!

(補強工事について)
・出入り口付近が狭い玄関も、駐車場から入って来れるように北側に移し、暗くならない様に天窓を設けました。
・リビングを広くする為に、支障のない柱を取り除き、梁を補強しました。
補強の為、基礎の工事をしています。基礎の配筋がちゃんと寸法通りに配置されているかを確認しているところです。 基礎を増やして、防湿コンクリートを打ちました。これで、強度が増し、地盤からの湿気を防ぎます。
解体後、全ての構造材が安全かどうか検査し、天井の梁は一部補強をして、耐震性をもたせました。屋根瓦の重みで垂れ下がっていた部分も、屋根材を軽量化し、修正しました。 古い梁の一部は仕上がった時に見えるようにし、お施主様の希望される高い吹き抜けのような天井を設けました。

お客様から頂いた手紙(姶良市:T様)

昭和51年建築で34年目になる家に住んでます。 当時はオイルショック直後で建築資材が相当不足した時代です。ここに転居して23年目になります。途中、内装の張替え・トイレの簡易水洗化・屋根瓦の塗装等をしました。子育ての頃は通学・買い物・病院等、立地条件が良くて満足でしたが経過年数とともに家の老朽化には勝てません。将来的には建替えるか、大々リフォームを考えていたので外壁塗装や、お風呂、台所等の中途半端な改造工事はすべて拒絶してきました。 今回本当にお任せできる会社はないかと、3~4軒リフォーム会社を訪ねてみました。そして、ひとづてにたどり着いたのが「田建築工房」です。田底社長初め、スタッフの皆さんにお会いして説明を聞いている内に、この会社は自分の思っている理想の家を実現してくれるのではないかと期待感を持つようになりました。 人が人を信用して、それを任せること、自分の家づくりを真剣に考えてくれる人がここにいると思えることが、とても幸せで大切なことです。田底社長が信頼している各部門の専門職の方々が、てきぱきと工事に取組んでくださる姿勢に魅力を感じています。皆さんありがとうございます。 今、家族はもちろんですが、31年間私を支えてくれた妻が、いちばん喜んでいます。

その家の状況や立地、使われた材料や工法、そして年数で、どのようにリフォームするかは、長年の経験や判断力により大きく変わってきます。 田建築工房では、奥様方にも分かりやすいように丁寧に説明させて頂き、きちんと納得の上で、工事をさせて頂くようにしております。 お陰様で、田建築工房は年間100件を超えるリフォームを頂いております。 まず、どんな小さなことでもよろしいので、ご相談してみてください。
Copyright(c) 2014 DEN-Kenchikukoubou All Rights Reserved.