でんの豆知識19 外断熱と内断熱の特徴とポイント

こんにちは。

最近、腰痛や肩こりが気になっているIです。

そんな時テレビで見た、「インナーマッスルを使えるようにする特集」の中の

お尻をキュッとしめる動きをバスの中で繰り返しているんですが、

皆さんは日頃取り入れているトレーニングやストレッチなどはありますか?

「腰痛解消」とか「骨盤を整える」などテレビから聞こえてくるとついつい釘付けになってしまいます。

体重を減らすダイエットも大事ですが、

筋肉などのバランスが良い健康的な身体を手に入れたいものですね。

 

さて、今回、恒例の家づくりの基礎知識は、

外断熱と内断熱についてお伝えします。

それでは、

さっそく『今週のでんの豆知識19』をご覧ください!!

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 今週のでんの豆知識19 「外断熱と内断熱の特徴とポイント」

―――――――――――――――――――――――――――――

快適な住まいは、間取りはもちろん、

設備機器など各部分が総合されることによって

できあがります。

そこで、意外に重視されていないのが

住まいの温熱環境です。

温熱環境を一定に保つには、

断熱を適切に行うことですが、

断熱材は壁の中に入って目に見えないので、

なかなか考えつきません。

断熱には外断熱と内断熱がありますが、

それぞれの特徴を比較してみます。

◆外断熱の特徴

外断熱は熱容量の大きい建物の

外側に断熱層を設け、

建物を外気から断熱する方法です。

断熱材が構造物(柱や間柱)よりも外側にあり、

次のような特徴があります。

 •断熱材は外壁仕上げ材のすぐ裏に設置される

•建物全体を断熱材で包む

•防湿性が高い

•建築コストが割高

•C値(※)は2平方センチメートル程度

※C値とは、床面積1平米当たりの隙間面積を

数値化した気密性能を示す値です。

小さい数値ほど隙間がないことを示す。 

◆外断熱工法のメリット・デメリット。

結露に強いが適切な換気が必要

■外断熱工法のメリット

・結露がおきにくい

・構造体を覆うため気密性が高くなる

・柱などの構造体が保護されることになるので痛みにくい

■外断熱工法のデメリット

・工事費が多少高い

・外壁が厚くなるので、敷地廻りに余裕がほしい

・断熱材の上から外壁材を留めるので、

 地震などの時多少不安

・高気密高断熱になりやすいので換気計画が必要

 
◆内断熱の特徴

内断熱は構造物(柱や間柱)よりも

内側にあるものをいいます。

柱と柱(または間柱)の間に

断熱材を挟み込む工法が一般的で、

次のような特徴があります。

 •断熱材は柱や間柱の隙間に入れられる

•建物の軸組や構造材の部分は全く断熱されない

•軸組や構造材に湿気ができることもある

•建築コストは一般的

•C値は8平方センチメートル程度 

◆内断熱工法のメリット・デメリット。

 費用は安いが気密性は並み

■内断熱工法のメリット

•工事費は外断熱より安い

•外壁は厚くならない

•施工が容易である

■内断熱工法のデメリット

•施工が悪いと結露が起きやすい

•気密性は外断熱よりは悪い

•コンクリート造か木造かによって差がでる 

◆外断熱か内断熱を選ぶなら、

 防湿と予算・地域を考えること!

■断熱性や気密性は外断熱が優れている

断熱性能や気密性能を数値の観点でみると、

外断熱が優れています。

従来の戸建て住宅では、

一般的な断熱方法は内断熱でした。

では内断熱は時代遅れの工法なのでしょうか。

そうではありません。

地域によって外断熱と内断熱を

使い分けるとよいのです。

北海道や東北などの寒冷地では

外断熱が有効に働くでしょう。

本州では内断熱でも問題ありません。

ただ施工性が悪いと、

壁内で結露を起こす恐れがあります。

「外断熱」か「内断熱」かを

決める判断は工法も大切ですが、

どんな断熱材を入れるかによって違ってきます。

予算はもちろんビルダー担当者と

相談しながら総合的に決めてください。

特に室内での「暑さ」「寒さ」は

個人差があるので、

快適さの基準は明確にしておくことです。

快適なお住まいを求めるには、

断熱材を選ぶことも重要な要素の一つです。

それでは、また! 

―――――――――――――――――――――――――
■ 失敗しない家づくりのためのイベント情報
―――――――――――――――――――――――――
 

=家づくり勉強会=

【毎週末開催!
家づくりのための個別資金セミナー
日程:毎週末開催 ※平日休みの方は要相談
時間:①10:00~ ②14:00~ 1日2回 
※夕方以降をご希望の方は直接お電話にてご相談ください。
場所:田建築工房(紫原7丁目6-5)
参加費用:無料ご招待
 お子様が居らっしゃる方もご家族全員でお越しください。子育て経験のあるスタッフが全力で一緒に遊ばせていただきます。
 キッズスペースもあるので、本を読んだりDVDを観たりも出来ますよ。
 

≪こんなことが分かります≫

・自分に合った住宅ローンの選択基準が分かります!

・750万円損しない家づくりの方法を教えます!

・人気のWOODBOX、その安さと性能のヒミツ教えちゃいます。

・増税後のお得な補助金や政策が分かる

などなど…

家づくりを始めたばかりの方、いくつも住宅メーカーを回って勉強している方

それぞれの家族の不安や悩みに合わせて寄り添って相談にのります。

是非週末の予定に合わせてご来場ください。

※資金セミナーは完全予約制となっておりますので、以下の方法でご予約ください。

≪予約方法≫

☎0120-006-347 ✉ お問合せフォームより

ご連絡お待ちしております‼

 
  • 無料資料請求
  • メールでのお問い合わせ