蓄熱式床暖房システム

冬の寒さを気にせず、やわらかな陽だまりの中にいるような、心地よいぬくもりの中で生活している人たちがいます。足元からポカポカ。 蓄熱式床暖房が、より快適な空間づくり、省エネ、クリーンな暖房システムとして、多くの施設や住宅で使われています。
火を使わないので、お子さまやお年寄りの方にとっても安心して利用する事ができます。 空気を汚さず、部屋のほこりを飛散させません。 また、騒音やダニの発生もなく、まさに理想的な暖房です。
床からの輻射熱により、自然な暖房感が全身をつつみます。 床から天井までほぼ一定の温度になるので、心地よい快適な空間をつくります。 温風が直接身体にあたる事もないので、暖房による不快感がありません。
室内を乾燥させることがないので、暖房による肌荒れやノドの痛みはありません。 室温は20℃以下でも、寒さを感じません。 ムダに室温を上げる必要のない省エネ暖房です。
床からの伝導熱と輻射熱により、足元はポカポカ。床面から天井までつねに18℃から20℃前後のほぼ一定温度を保つ快適さが得られます。対流方式の暖房によくみられる「顔のあたりが熱くなり、ボーっとする」とか「足元や部屋の隅の方では寒くて、部屋の場所によって温度ムラを感じる」など、暖房による不快感を解消します。

自然な環境を暮らしへ・・・床暖房システム

蓄熱式床暖房システムは、単に「床を早く温めるためには」という考え方で作られた従来の床暖房とは違います。 「人にとって快適さとは何か」 「本当の省エネルギーとはどんなものか」 「自然との共生とはどういうことか」 これらを基本に考えられた、快適な住まいを実現するためのシステムです。

水の熱容量はコンクリートの2倍あるため、いつも安定した温度を保ちます。

温度設定が自由に出来るので、部屋の用途によって適度な室温を保てます。局部的な過熱が起きないため、発熱源の存在を感じることがなく、いたって自然な快適さを得ることが出来ます。

水の層を隣室まで延長させることにより、自然対流で熱を遠くまで伝えることが出来るからです。

蓄熱槽の温度は体温以下なので、床材に対しても優しく温度です。無垢材、コルク材等を床材として選択可能。

部屋の用途や形に合わせて設計が自由にできます。

アクアセルの構造と水の層がショックアブソーバーの役目をします。(軽音、重音ともに伝えにくくします)

理由は熱源の熱が直接体に伝わらず、自然対流が局部加熱を完全に防ぐからです。また床への熱源である水の温度が体温より低い30℃前後で十分なことと、もしも床の上に寝てしまっても水の自然対流によりその下の温度は上がらないからです。

田建築工房の安心・安全



アクアセルに釘などで穴を開けてしまった場所や雨などが吹き込みヒーターを濡らしてしまった場合、それらの違いを判別して迅速に見つけ出せるシステムを備えています。事故が起こっている場所を特定することができるため床を最小限開けることで修理することができます。

床の上に寝そべっていても身体の下だけが熱くなってしまう現象が起きにくいシステムになっています。これは、低温ヤケドが起きにくいということです。また、床面の温度を必要以上に上げなくても部屋全体を温めることができ、より自然な室内環境を作ることができます。

温度が低くてすむということは、床暖房部材の寿命を飛躍的に伸ばすことだけでなく床材などの変形を最小に抑えることになり床材選択の幅が広がることにもなります。また、主な構成材料が膜材(非塩ビシート材)と水(全重量の98%)であり、将来の廃棄処分時の環境への負担も少なくてすみます。
Copyright(c) 2014 DEN-Kenchikukoubou All Rights Reserved.