コラム

【鹿児島】リフォーム費用が決まる要素と工事発注時のポイント・バリアフリー化・平屋のフラットな動線について

住み慣れていたはずの家も、生活スタイルが変われば暮らしにくさを感じるようになるものです。より快適な暮らしを手に入れるために、リフォームを検討しましょう。ここでは、鹿児島市や鹿児島市周辺でリフォームをお考えの方に向けて、シニアライフに備えたバリアフリーの工夫やリフォーム費用が決まる要素、健康維持に役立つ平屋の動線や工事発注時のポイントについてご紹介します。

間取りや収納を工夫しよう!シニアライフに備えたバリアフリー化

「シニアライフはまだ先…」と思っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、リタイア後の住まいを元気なうちから考えることで、シニアライフの快適さは大きく変わります。

早い段階でシニアライフを意識し、ゆったりと暮らせる環境を整えましょう。
シニアライフに備えたリフォームでは、床に段差を設けないようにする、廊下・階段・トイレ・バスに手すりを設置する、扉は引き戸にして車いすでもできるかぎり自立した生活がしやすいようにする、といったバリアフリーの工夫が必要です。

また収納計画は、手持ちの愛着がある収納家具をそのまま置いて使用できるように、ゆとりのある納戸スタイルへのリフォームをおすすめします。ゆったりとしたスペースがあれば車いすになっても使いやすいでしょう。

さらに夫婦のどちらかに介護が必要になっても、お互いに1人の時間は大切です。夫婦の各個室を準備し、共用のリビングを挟んで行き来ができるようにする、といった配慮が行き届いたリフォームを検討しましょう。

フラットな生活動線は健康維持に役立つ!シニアにおすすめの平屋住宅

年齢を重ねると、1階と2階の行き来は体への負担が大きく、つらいと感じる方もいらっしゃるでしょう。平屋の家なら、足腰にかかる負担が少なく、住まいを長く有効に使えます。
また、平屋は外壁などのメンテナンスに足場をほぼ必要としません。リフォーム・メンテナンス時のコスト削減にもつながります。
リビングとフラットな位置にウッドデッキなどを設ければ、リビングが広く感じられるようになるでしょう。窓を開放してつなげば、日差しや外気に触れる暮らしが日常的に楽しめます。
体への負担が少なく、いつまでも健康的な暮らしを送りたいとお考えなら、平屋住宅の建築を検討してみてはいかがでしょうか。

リフォーム費用が決まる要素

リフォーム費用が決まる要素は主に2つです。

建物の種類

一口にリフォームといっても、一戸建てなのか集合住宅(マンション・アパート)なのかで費用は異なります。これは、集合住宅だと建物の構造や管理規約などの兼ね合いで、大規模なリフォームが難しくなるためです。
一戸建ての場合は制約があまりありません。リフォームがしやすい分、あれもこれもと修繕箇所が増えて費用が膨らみやすくなるため注意が必要です。

施工箇所

リフォームは施工箇所や施工内容によって、それぞれの費用相場がある程度決まっています。一般的に足場の費用が必要な外装のほうが、内装よりも費用がかかります。
また内装の中でも、リビング・ダイニング・キッチン・浴室のリフォームは相場が高めです。
水回りやリビングは配管作業をしたり、施工対象となる箇所が広かったりするため、寝室や子供部屋などの各部屋よりも費用がかさむ傾向にあります。

リフォーム工事を発注する際のポイント

リフォーム工事を発注する際のポイントは以下の3つです。

費用と品質のバランスを考える

リフォーム工事で最も大切なポイントは、費用と品質のバランスを考えて発注することです。
リフォームはただ安ければよい、というものではありません。費用の軽減を重視しすぎると、本来の目的である要望が叶えられなくなってしまいます。また、リフォーム業者の中には高利益にしたいがゆえに、質のあまりよくない製品や素材を使用しているところもあるようです。費用と品質のバランスを考えて発注しましょう。

実績や体制を確認する

理想どおりのリフォームを実現するためには、施工業者が要望に合った施工をしてくれる業者なのか、その実績はあるのかを確かめることが大切です。
また、建築士や増改築相談員など、リフォームのプロが在籍しているかどうか、事業者団体などに加盟しているかどうか、といった体制の確認もしておきましょう。

保証が充実しているかをチェックする

工事後に不備や故障が発生する場合もゼロではありません。このようなトラブルに備えて、きちんと保証契約を行っておきましょう。
保証契約の内容は業者が独自に設定しているので、自分にとって不利になる条件が含まれていないかどうか、しっかりチェックした上で契約を結んでください。

リフォームで長く快適に暮らそう!リフォーム業者をお探しなら鹿児島の有限会社 田建築工房

リフォームは、家を住みやすくするための方法です。長く暮らしていると生活スタイルが変化し、住みにくさを感じる方も少なくありません。
リフォームをすることで、快適な暮らしを取り戻すことができます。長く快適に暮らし続けるためには、リフォームをぜひご検討ください。
有限会社 田建築工房では、鹿児島のリフォームに対応しております。キッチン・トイレ・浴室・リビングなどのリフォームはもちろん、介護リフォームも得意分野です。鹿児島市内や鹿児島市周辺で長く安心して暮らせる家にしたいとお考えなら、有限会社 田建築工房へぜひご相談ください。下記ページより、有限会社 田建築工房が行うリフォームの詳細を紹介しています。

リフォームはこちら

鹿児島市の工務店に施工や注文住宅の依頼なら有限会社 田建築工房へ

会社名 有限会社田建築工房
代表者 田底 克也(たぞこ かつや)
住所 〒890-0082鹿児島県鹿児島市紫原7丁目5-20
TEL 099-250-6347
FAX 099-250-6361
MAIL info@den-kenchiku.com
URL https://www.den-kenchiku.com
事業エリア 鹿児島県全域を離島を除く鹿児島県全域
※その他エリアに関しては、ご相談ください。
事業内容

新築戸建、キッチン・トイレ・お風呂の各種住宅リフォーム工事・オール電化・床暖房施工・外構工事など。

鹿児島県内で一般住宅の新築・リフォーム、ビルや建物に関することなら当社にお任せ下さい。

有限会社田建築工房は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の

ZEHビルダーに登録しております。

2019年度の実績(新築注文住宅割合(%))9% 

有限会社 田建築工房は、新築住宅のZEH受託率の目標を下記のように定めます。

2020年度目標(新築注文住宅の割合(%))50%

営業時間 8:00~21:00
定休日 年始休